ヘモグロビンA1Cって何

ヘモグロビンA1Cの情報

bing

病院の予約についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » ヘモグロビンA1Cって何

新着情報

ヘモグロビンA1Cと糖尿病

ヘモグロビンA1Cは糖尿病診断に深い関わりがある血液中の成分です。血管の中を流れる血中のヘモグロビンとブドウ糖が結合するとヘモグロビン・エイワンシーができます。糖尿病患者の血管内では高血糖状態が続いていることが多く数値が通常より高く検出されます。日本糖尿病学会ではヘモグロビンA1Cの数値を日本独自の数値を使用していましたが、2012年4月1日より国際標準値を使用することになりました。国際標準値を使用することによって日本独自の数値の時よりもおおよそ0.4%数値が高くなります。

コレステロールのコントロール

コレステロールは人間の体では生理過程において必要な物質ですが、リポタンパク質との複合体は体内で溜まると、高脂血症などの生活習慣病の原因となります。リポタンパク質の違いによって、一般的に善玉や悪玉と呼ばれるコレステロールの複合体の生成が変わってきますが、錠剤などによってコントロールする事が可能です。血液検査によって複合体の量を検査でき、食事でも複合体の量を調節出来ます。そのためには、肝臓の働きを高める食べ物を食べるのが有効です。その栄養分としてはタウリンがあり、魚介類にタウリンは豊富に含まれています。